皮膚の構造と働き|コラーゲンはどの部分にあるの?ライースリペア

皮膚の構造と働き|コラーゲンやセラミドはどの部分にあるの?ライースリペア

 

肌の働きとは皮膚の働きのことですが、皮膚の働きとは何でしょうか。
それは、身体を外部の刺激から守ること。

 

 

外部の刺激とは、熱・紫外線・物理的な刺激などがありますが、このような刺激から身体を守っているのが皮膚の役割なのですね。

 

 

では、皮膚はどんな構造になっているのでしょうか。
それをこれから見て行きましょう。

 

 

ライースリペアトライアルセットを30日間使ってみました。
↓目の上のハリやキメがとっても良くなっています。

      
トライアルキットの本当の効果とは

 

 

皮膚の構造と役割

 

皮膚の構造は、表皮真皮皮下組織に分かれています。

 

皮膚の構造と働き|コラーゲンはどの部分にあるの?ライースリペア

 

 表皮の役割

 

表皮の役割は肌の水分を保つ働きと肌を外部から守るバリアーの働きがあります

 

皮膚の構造と働き|コラーゲンはどの部分にあるの?ライースリペア

 

 真皮の役割

 

真皮の役割は保湿成分のコラーゲンやエスラチンなどがあり、肌のハリと潤いを保っています

 

 皮下組織の役割

 

皮下組織(いわゆる皮下脂肪)の役割は身体を外部の刺激から守るクッションの役割や身体を保温する役割を持っています

 

また皮下組織には血管が通っているので栄養や老廃物の循環の場所となっています。

 

コラーゲンやセラミドは皮膚のどの部分にあるの?

 

肌の潤いとハリに大切な成分のコラーゲンはどこにあるのでしょうか。

 

実はコラーゲンは肌の真皮の部分にあります

 

なぜかというと真皮の細胞がコラーゲンを作る役割を担っているからです。

 

皮膚の構造と働き|コラーゲンはどの部分にあるの?ライースリペア

 

次に肌の保湿成分のセラミドはどこにあるのでしょうか。

 

セラミドは表皮の一番上の部分の角質層の部分にあります

 

セラミドは肌の保湿機能の一番大切な役割を担っているのです。

 

セラミドが少ない肌やセラミドが肌から減ってくると、肌は乾燥したり、バリアーの機能が弱くなってきます

 

そうなると肌が敏感になり、かゆみや肌荒れの原因になるのですね。

 

まとめ

 

皮膚の構造と働きを知ることは、肌質改善をしたい方にとってとても大切なことなのです。

 

シワを改善したい場合、シワには乾燥ジワ、真皮ジワ、表情ジワがありますが、

 

皮膚の構造を知ることによって、どの化粧品がどのシワに効果があるのかなどが分かってきます。

 

ライースリペアでは下の図のように肌質改善の効果を期待できるのです。

 

皮膚の構造と働き|コラーゲンはどの部分にあるの?ライースリペア

 

また肌の保水力やバリアー機能を改善したいといった場合には、肌のどの部分に効果がある化粧品を選べばよいのかが分かってきますね。

 

肌のバリアー機能を改善して保水力やバリアー機能を改善しようと思えば、セラミドがキーワードの化粧品を選べばよいという事になります。

 

 

なぜなら、肌の保水力やバリアー機能は肌の表皮の部分が担っているのであり、表皮の肌質改善に最も効果のある成分はセラミドであるからです。

 

 

ちなみに、紫外線から肌を守るときにも、肌のバリア―が役に立っていますね。

 

 

肌の構造と役割を知ることは肌のトラブルで悩んでいる方にとって、肌質改善の一助になることは間違いありません。

 

肌のトラブルでお悩みの方は、一度肌の構造と役割を調べてみてはいかがでしょうか。